1. インフルエンサーマーケティング、最悪な7つの失敗例 2018  DIGIDAY[日本版]
  2. 2018年 インフルエンサーマーケティングの失敗の数々  livedoor
  3. Google ニュースですべての記事を表示

インフルエンサーマーケティングは成熟する一方、マーケティング活動のしくじりや失敗が明るみに出るようになってきた。ブランドセーフティや詐欺行為を行うフォロワーに関する懸念があり、インフルエンサーに対する基準は高まり、ゆとりがなくなっている。2018年のインフルエンサーマーケティングの失敗の数々を紹介しよう。

2018年のインフルエンサーマーケティングの失敗例を紹介している。YouTuberのローガン・ポール氏は、日本の樹海で死体の動画を投稿。激しく非難されてスポンサーを失い、いくつかのプロジェクトが中止になった

小惑星の物質採取は米国も挑んでおり、探査機「オシリス・レックス」が先月、別の小惑星に到着した。ここも予想以上に岩が多く着地が困難で、日米ともに苦境に立たされてい…

 2月中旬に小惑星「リュウグウ」で初の物質採取を実施する予定の「はやぶさ2」の話

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の妻が国際人権団体に対し、夫の拘置所内での待遇改善や日本の司法制度の改革を訴えていたことが明らかになりました。 ゴーン被告の妻・キャロルさんは先月28日にゴー…