1. 仏デモ9週連続、収束の兆し見えず…参加者増  読売新聞
  2. 仏デモに8万人超 警官隊衝突  ニフティニュース
  3. フランス抗議デモ、2週連続拡大 取材メディアへの攻撃も - 毎日新聞  毎日新聞
  4. Google ニュースですべての記事を表示

 【パリ=作田総輝】フランス各地で12日、マクロン政権に対する抗議デモが行われた。昨年11月から毎週土曜日に行われているデモは、今回で9週連続となった。AFP通信によると、参加者数は前週の約5万人を上回る約8万4000人【国際】

 フランスで9回目となるマクロン政権への大規模な抗議デモが行われ、一部のデモ隊と警官隊が衝突するなど混乱が起きました。 去年、燃料税増税反対に端を発した反マクロン政権デモ、いわゆる「黄色いベスト運動」…

 フランス内務省は12日、マクロン政権に抗議する黄色いベスト運動が9週連続で行った一斉デモについて、全国の参加者は約8万4千人だったと明らかにした。同国メディアが伝えた。年末の休暇時期にはデモの規模が大幅に縮小したが、前週の5日に続き2週連続で拡大した。

ポーランドの対諜報(ちょうほう)活動機関は12日までに、中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の現地法人幹部の中国人とポーランド人の計2人をスパイ容疑で逮捕したと発表した。

ポーランドの捜査当局は8日、Huaweiの中国人社員らをスパイ容疑で逮捕した。当局はHuaweiの事務所を家宅捜索し、関連の文書や電子データなどを押収。Huaweiは、逮捕された中国人社員を解雇したと、中国メディアが報じている