1. 「何のための増税か」 経済対策「大判振る舞い」の評判(J-CASTニュース)  Yahoo!ニュース
  2. 経済対策「大判振る舞い」  BIGLOBEニュース
  3. 「何のための増税か」 経済対策「大判振る舞い」の評判  J-CASTニュース
  4. Google ニュースですべての記事を表示

 安倍晋三政権で(第2次内閣発足以降)7回目の予算編成となる2019年度の国の予算案が

安倍晋三政権で(第2次内閣発足以降)7回目の予算編成となる2019年度の国の予算案が18年末に決まった。一般会計の総額は、前年度当初に比べ3兆7437億円増の101兆4564億円と、当初予算として初めて100兆円の大台を突破した。19年10月の消費税増税による景気落ち込みを防ぐため約2兆円の経済対策…(BIGLOBEニューストピックス)

安倍晋三政権で(第2次内閣発足以降)7回目の予算編成となる2019年度の国の予算案が18年末に決まった。一般会計の総額は、前年度当初に比べ3兆7437億円増の101兆4564億円と、当初予算として初めて100兆円の大台を突破した。19年10月の消費税増税による景気落ち込みを防ぐため約2兆円の経済対策を盛り込むなどした結果だが、財政健全化先送りのバラマキ型といえそうだ。

 【ニューヨーク共同】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)=会社法の特別背任罪などで追起訴=の妻キャロルさんが国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチに、容疑者の長期拘束を伴う「人質司法」の見直しを日本政府に訴えるよう求める要請文を送ったことが13日分か…

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の妻が13日、夫が不当な扱いを受けているなどとする文書を国際人権団体に送ったことがわかった。