1. 墜落のインドネシア機、海底からボイスレコーダー回収  朝日新聞
  2. インドネシア機墜落、ボイスレコーダーを回収(写真=ロイター)  日本経済新聞
  3. Google ニュースですべての記事を表示

 インドネシアで昨年10月、乗客ら189人を乗せたライオン航空の旅客機(ボーイング737MAX8型)が墜落した事故で、同国海軍は14日、機長と副機長の会話を記録したボイスレコーダーを海底から回収した。…

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアで2018年10月、ライオン航空610便(乗員乗客189人、米ボーイング737MAX8型機)が墜落した事故で、インドネシア国軍幹部は14日、操縦室内の会話などを記録

 14日午後1時20分ごろ、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が青森空港(青森市)に緊急着陸したと青森県が発表した。エンジントラブルが原因。乗っていたのはパイロットの男性1人で、けが人は ...

13日午前7時ごろ、青森県深浦町の深浦漁港から約1.5キロの沖合で、漂流中の木造船が見つかり、海上保安庁が同日午後、船に乗っていた北朝鮮人とみられる成人男性2人を救助した。2人は「5人で北朝鮮を出港し、途中で3人が海に落ちた」「機械が故障し漂流状態になった」「北朝鮮に帰りたい」という趣旨の話をしている。体調不良は訴えていない。13日は同町沖合の巡視船内で過ごした。海上保安庁は関係機関と連携し、今後の対応を調整している。青森海保によると、13日午前7時20分ごろ、漁協を通じ「木造船が漂流している…

青森県深浦町の沖合で北朝鮮から来たとみられる木造船が漂流していた件で、船にいた男性2人を乗せた秋田海上保安部の巡視船が14日午後0時半ごろ、青森港に到着した。青…