1. 社長や死亡運転手の相続人に賠償提訴…バス事故  読売新聞
  2. 「悲しみ消えない でも、息子の友がいる」支えられる両親 軽井沢バス事故3年(毎日新聞)  Yahoo!ニュース
  3. ゼミ生亡くした尾木ママも…バス事故石碑に献花  読売新聞
  4. 「悲しみ消えない でも、息子の友がいる」支えられる両親 軽井沢バス事故3年  BIGLOBEニュース
  5. 軽井沢バス事故3年、遺族ら慰霊 尾木直樹さん「時間は止まったまま」(毎日新聞)  Yahoo!ニュース
  6. Google ニュースですべての記事を表示

 スキーツアーバス事故を巡っては、民法上の時効(3年)が近づいた昨年12月、一部の遺族がバス運行会社の社長や元運行管理者、死亡した運転手の相続人らを相手取り、損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。金額は明らかにしていない。【社会】

 2016年1月、長野県軽井沢町で乗客の大学生ら15人が死亡したスキーツアーバス事故か

 スキーツアーバス事故が起きた長野県軽井沢町の現場で14日、事故の関係者らが犠牲者の名前が刻まれた石碑に献花し、冥福(めいふく)を祈った。ゼミ生の4人が死亡、6人が負傷した法政大特任教授の教育評論家・尾木直樹さん(72)【社会】

2016年1月、長野県軽井沢町で乗客の大学生ら15人が死亡したスキーツアーバス事故から15日で3年。犠牲になった東京外国語大1年、西堀響(ひびき)さん(当時19…(2019年01月13日 20時38分57秒)

 長野県軽井沢町で大学生ら乗客・乗員15人が死亡したスキーツアーバス事故から15日で