1. 英EU離脱、再国民投票論に勢い 実施にはハードルも  日本経済新聞
  2. メイ英首相:政府案否決なら議会がEU離脱阻止することになる可能性  ブルームバーグ
  3. Google ニュースですべての記事を表示

【ロンドン=中島裕介】英国の欧州連合(EU)からの離脱案の採決を15日に控える英議会で、2度目の国民投票を求めるEU残留派が勢いを増している。足元の複数の世論調査で残留を求める声が離脱論よりも多い点

メイ英首相は英議会による欧州連合(EU)離脱案採決を控え、首相在職期間で最大級の激動の1週間に突入する。議会採決はEU離脱を巡る政府案と首相の命運を左右する。

 経団連への不正アクセス事件をめぐり、米司法省が訴追した中国人ハッカー集団の関与の疑いが明らかになった。高度なハッキング技術を持った集団は「APT10」と呼ばれ、背景に中国政府の存在が指摘されている。…

中国によるサイバー攻撃の脅威が高まりをみせている。米政府機関、米軍、民間企業に対する攻撃手法の巧妙化を受け、米政府は警戒を強めている。読売新聞が報じた。

 経団連が被害を受けた不正アクセス事件に、米司法省が「中国の国家安全省と関連して