1. 露政権、北方領をロシア人450人に無償貸与  読売新聞
  2. ロシア政権が北方領土の一部を無償貸与 有効活用すれば5年で譲渡  livedoor
  3. 日露平和条約締結交渉の背後にある問題  BLOGOS
  4. 露、ベラルーシに統合迫る 石油価格で圧力 プーチン氏「新ポスト」で居座り画策?(産経新聞)  Yahoo!ニュース
  5. 日本はロシアの「第2次大戦の結果......」主張を受け入れるのか。ロシア外務省報道官の「暴露」から推測する  HuffPost Japan
  6. Google ニュースですべての記事を表示

 【モスクワ=畑武尊】ロシアのプーチン政権が2016年に始めた露極東地域の土地無償貸与制度を通じ、北方領土にある公有地計442ヘクタール(4・42平方キロ・メートル)が、観光用の宿泊施設用地や住宅用地などとしてロシア人約【国際】

ロシアのプーチン政権が2016年に始めた、露極東地域の土地無償貸与制度。貸与地を有効活用すれば、5年後には土地が譲渡される仕組み。北方領土の公有地の一部が、ロシア人約450人に貸与されていたと分かった

14日、モスクワで日露外相会談が行われる。2ヶ月前に、安倍首相とプーチン大統領が、1956年の日ソ共同宣言に基づいて、問題解決のための交渉を加速させることで合意したことを受けての動きである。 日ソ共同宣言を基礎にすれば、平和条約締結後に歯舞・色丹二島が日本に引

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン政権が、隣国ベラルーシへの石油供給価格

日ロ外相会談前、ロシア外務省のザハロワ報道官が「日本側が共同会見を拒否した」と明かした