1. 【津川哲夫のF1新車初見チェック】王座狙うレッドブルRB16はメルセデス型の細身ノーズを採用。サスペンション変更も期待大  オートスポーツweb
  2. フェラーリ派のイタリア紙、レッドブル・ホンダ RB16の出来栄えに危機感  F1-Gate.com
  3. 【津川哲夫のF1新車初見チェック】王座狙うレッドブルRB16はメルセデス型の細身ノーズを採用。サスペンション変更も期待大(オートスポーツweb)  Yahoo!ニュース
  4. F1 | レッドブル・ホンダ 「RB16でタイトルに挑戦できると期待している」  F1-Gate.com
  5. Google ニュースですべての記事を見る
 2020年シーズンを戦うF1マシンが、ついに各チームよりお披露目された。2021年に大きなレギュレーション変更を控えるため、今年のニューマシンは昨年の踏襲型で大きな変更はなさそう……の予想だったが、実際には細部を詰めて戦闘力アップを狙ったマシンが続々登場。そのチームとマシンの狙いを、元F1メカニックでF1解説者、津川 メルセデス、フェラーリ、レッドブル、現在のF1トップ3チームのマシンのパフォーマンスは実に僅差で争われている。今シーズンは昨年からのレギュレーション変更がまったくなく、新車は概ね昨年型の継続開発が主流。レッドブルの2020年の新車、RB16もその例に漏れないが、昨年型からの大きな変化が見えたのがフロント部分だ。

【津川哲夫のF1新車初見チェック】王座狙うレッドブルRB16はメルセデス型の細身ノーズを採用。サスペンション変更も期待大 | F1 | autosport web

フェラーリ派のイタリア紙は、レッドブル・ホンダの2020年F1マシン『RB16』の仕上がりに危機感を募らせている。レッドブル・ホンダは、2月12日(水)に『RB16』を公開。エイドリアン・ニューウェイらしい、タイトなリアと複雑な空力パーツで構成された美しいマシンは、全チームに先駆けて新車のシェイクダウンを実施。順調な開発ぶりをアピールした。フェラーリ派のイタリア紙は、レッドブル・ホンダの2020年F1マシン『RB16』の仕上がりに危機感を募らせている。レッドブル・ホンダは、2月12日...

フェラーリ派のイタリア紙、レッドブル・ホンダ RB16の出来栄えに危機感 【 F1-Gate.com 】

Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

Yahoo!ニュース

レッドブル・ホンダは、2020年F1マシン『RB16』でタイトルに挑戦できることを期待している。レッドブル・ホンダは、開幕戦からスタートダッシュを決めるべく、準備のアプローチを変更して2月12日(水)にシルバーストーン・サーキットで全チームに先駆けて2020年F1マシン『RB16』を実施。フィルミングデーの走行上限である100㎞をノートラブルで走り終えた。レッドブル・ホンダは、2020年F1マシン『RB16』でタイトルに挑戦できることを期待している。レッドブル・ホンダは、開幕戦からスタートダッシ...

F1 | レッドブル・ホンダ 「RB16でタイトルに挑戦できると期待している」 【 F1-Gate.com 】