1. 民有地で起きた米軍規制 沖縄の記者が抱える屈辱 - 松元剛|論座 - 朝日新聞社の言論サイト  朝日新聞社
  2. 米軍ヘリ墜落から15年「平和への願い風化させない」(19/08/13)  ANNnewsCH
  3. 沖縄で米軍機事故、15年で511件 墜落9件、不時着多数の現状 危険性の放置続く  沖縄タイムス
  4. ヘリが飛ぶたび身構え 昔の記憶がフラッシュバック 消えぬ恐怖 沖国大ヘリ墜落15年  琉球新報
  5. Google ニュースですべての記事を表示
 2004年8月13日午後、沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場のヘリが、隣接する沖縄国際大学に墜落しました。あれから15年。沖縄の記者たちにとって、在沖米軍機の墜落などの重大事故が起きるたびに、屈辱 2004年8月13日午後、沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場のヘリが、隣接する沖縄国際大学に墜落しました。あれから15年。沖縄の記者たちにとって、在沖米軍機の墜落などの重大事故が起きるたびに、屈辱

民有地で起きた米軍規制 沖縄の記者が抱える屈辱 - 松元剛|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

 米軍普天間飛行場所属のCH53D大型輸送ヘリが沖縄国際大学に墜落した2004年から18年までの15年間、県内で発生した米軍航空機の関連事故は511件に上ることが分かった。墜落は9件で、部品落下や機体からの出火、パンクなどが92件、緊急着陸や不時着は410件だった。 米軍普天間飛行場所属のCH53D大型輸送ヘリが沖縄国際大学に墜落した2004年から18年までの15年間、県内で発生した米軍航空機の関連事故は511件に上ることが分かった。墜落は9件で、部品落下や機体からの出火、パンクなどが92件、緊急着陸や不時着は410件だった。

沖縄で米軍機事故、15年で511件 墜落9件、不時着多数の現状 危険性の放置続く | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス