1. 安倍氏警備計画、安易な前例踏襲や危機感欠如が浮き彫りに 警察庁検証  産経ニュース
  2. 安倍元首相銃撃事件まもなく1か月 “警備員の配置”当初の計画と変更 配置変更は指揮官に共有されず  読売テレビニュース
  3. 【安倍元首相銃撃】演説直前に配置変更 “後方警戒”手薄に 警備状況検証  日テレNEWS
  4. 安倍氏銃撃現場、制服警察官配置ゼロ 警察庁、警護計画の妥当性検証  産経ニュース
  5. Google ニュースですべての記事を見る
警察庁が5日、明らかにした安倍晋三元首相(67)銃撃事件における警護警備の検証の途中経過では、奈良県警の安易な前例踏襲や危機感の欠如が改めて浮き彫りになった。警察庁は8月末までに、事件の検証結果などをまとめる方針だ。事件発生から8日で1カ…警察庁が5日、明らかにした安倍晋三元首相(67)銃撃事件における警護警備の検証の途中経過では、奈良県警の安易な前例踏襲や危機感の欠如が改めて浮き彫りになった。…

安倍氏警備計画、安易な前例踏襲や危機感欠如が浮き彫りに 警察庁検証 - 産経ニュース

安倍晋三・元首相が奈良市で演説中に銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、現在進めている警護の検証の途中経過を発表した。警護計画を策定した際、安易な前例踏襲で危険度について十分な検討が行われていなかった上、現場の警護員安倍晋三・元首相が奈良市で演説中に銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、現在進めている警護の検証の途中経過を発表した。警護計画を策定した際、安易な前例踏襲で危険度について十分な検討が行われていなかった上、現場の警護員

安倍氏警護「安易な前例踏襲」で計画策定…演説直前に配置変更、連携不足から後方に隙 : 読売新聞オンライン

時事ドットコム

 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、安倍氏の後方警戒要員だった唯一の警護員が演説直前、別の警... 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、安倍氏の後方警戒要員だった唯一の警護員が演説直前、別の警...

安倍元首相の後方警護、演説直前に配置換え 警察庁「容疑者の接近許した一因」 :東京新聞 TOKYO Web

 安倍晋三元首相が奈良県で銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、当時の警備体制について、「奈良県警が作成した警護計画は前例踏襲であり、立案過程で(危険を避けるための)十分な検討がなされていなかった」「銃撃されることの想定は非常に薄かった」との認識を示した。同庁の担当者が記者の質問に答えた。 安倍晋三元首相が奈良県で銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、当時の警備体制について、「奈良県警が作成した警護計画は前例踏襲であり、立案過程で(危険を避けるための)十分な検討がなされていなかった」「銃撃されることの想定は非常に薄かった」との認識を示した。同庁の担当者が記者の質問に答えた。

安倍元首相警備「銃撃想定、非常に薄かった」 警察庁担当者 | 毎日新聞

安倍晋三元首相が奈良市での街頭演説中に銃撃されて死亡した事件を受け、警察庁は要人警護の体制を大幅に見直す方針だ。都道府県警が作成する警護計画のチェックを拡大したり選挙遊説での警備基準を示したりして国の関与を強化するほか、警視庁のセキュリティーポリス(SP)の増員も検討する。国が責任を持つ体制づくりを進める狙いがある。同庁は事件の検証結果と警護体制の見直し内容を8月下旬に公表する見通し。警護体制安倍晋三元首相が奈良市での街頭演説中に銃撃されて死亡した事件を受け、警察庁は要人警護の体制を大幅に見直す方針だ。都道府県警が作成する警護計画のチェックを拡大したり選挙遊説での警備基準を示したりして国の関与を強化するほか、警視庁のセキュリティーポリス(SP)の増員も検討する。国が責任を持つ体制づくりを進める狙いがある。同庁は事件の検証結果と警護体制の見直し内容を8月下旬に公表する見通し。警護体制

要人警護、警察庁の関与強化へ 計画点検や警備基準検討: 日本経済新聞

安倍元総理大臣が演説中に銃撃されて死亡した事件で、警察庁は、演説直前に警察官の配置が変更されながら、現場での情報共有や指揮が不十分で後方の…安倍元総理大臣が演説中に銃撃されて死亡した事件で、警察庁は、演説直前に警察官の配置が変更されながら、現場での情報共有や指揮が不十分で後方の…

安倍元首相銃撃“情報共有や指揮不十分で後方警戒に隙”警察庁|NHK 奈良県のニュース

 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過として、演説会場で元首相の周囲にいた警護担当者4人が1発目の銃声を… 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過として、演説会場で元首相の周囲にいた警護担当者4人が1発目の銃声を…

元首相の警護担当、銃声認識せず | 新潟日報デジタルプラス

安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は五日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過を...安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は五日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過を...

安倍氏後方に隙、1発目銃声と認識できず 銃撃検証で途中経過公表:中日新聞Web

 安倍晋三元首相が演説中に銃撃を受けて殺害された事件について、警察庁は5日、これまでの検証状況と、報告を受けている国家公安委員会の議論をふまえた検証の要点を明らかにした。 警察庁による検証では、安倍晋… 安倍晋三元首相が演説中に銃撃を受けて殺害された事件について、警察庁は5日、これまでの検証状況と、報告を受けている国家公安委員会の議論をふまえた検証の要点を明らかにした。 警察庁による検証では、安倍晋…

安倍氏銃撃事件、現場に制服警察官ゼロ 攻撃抑止効果が不十分:朝日新聞デジタル

奈良市で街頭演説中の安倍晋三元首相が銃撃され、死亡した事件を受け、警察庁は都道府県警が作成する要人の警護計画について、今後は事前に報告を求めるなど関与を強める方向で調整していることが4日、捜査関係者への取材で分かった。同庁は奈良県警幹部らか…奈良市で街頭演説中の安倍晋三元首相が銃撃され、死亡した事件を受け、警察庁は都道府県警が作成する要人の警護計画について、今後は事前に報告を求めるなど関与を強める方…

警察庁、要人警護関与強化 安倍晋三元首相銃撃で見直し方針、8月下旬に検証結果 - サンスポ

安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過を明らかにした。奈良県警が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過を明らかにした。奈良県警が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

安倍元首相襲撃事件検証チーム、奈良県警は過去の警護経験を安易に踏襲した可能性と指摘 - 社会 : 日刊スポーツ

 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検… 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検…

元首相の警護担当、銃声認識せず 警察庁、要則見直し視野|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト

奈良市で街頭演説中の安倍晋三元首相が銃撃され、死亡した事件を受け、警察庁は都道府県警が作成する要人の警護計画につい...|西日本新聞meは、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュースを提供します。奈良市で街頭演説中の安倍晋三元首相が銃撃され、死亡した事件を受け、警察庁は都道府県警が作成する要人の警護計画について、今後は事前に報告...

警察庁、要人警護の関与強化|【西日本新聞me】

元首相の警護担当、銃声認識せず 警察庁、要則見直し視野(共同通信)|熊本日日新聞社

安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過として、演説会場で元首相の周囲にいた警護担当者4人が1発目の銃声を発砲音と認識していなかったと明らかにした。「花火のような音だった」などと説明しているという。 警察庁は都道府県警に対し、要人警護での同庁の関与を強める一環として、基本的事項を定めた「警護要則」の見直しを視野に検討している。 演説会場はガードレールに囲まれたスペースで、元首相の背後を車道が走っていた。安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過として、演説会場で元首相の周囲にいた警護担当者4人が1発目の銃声を発砲音と認識していなかったと明らかにした。「花火のような音だった」などと説明しているという。 警察庁は都道府県警に対し、要人警護での同庁の関与を強める一環として、基本的事項を定めた「警護要則」の見直しを視野に検討している。 演説会場はガードレールに囲まれたスペースで、元首相の背後を車道が走っていた。

元首相の警護担当、銃声認識せず 警察庁、要則見直し視野 | 全国のニュース | 福井新聞ONLINE

警察庁は、きょう午後、安倍元首相の銃撃事件を受けて進められている検証状況の内容を明らかにした。その中では、当時の警護計画や現場配置だけでなく、警察庁のチェック体制に問題があったことを認めた。警察庁は、今…警察庁は、きょう午後、安倍元首相の銃撃事件を受けて進められている検証状況の内容を明らかにした。その中では、当時… 続きを読む →

【速報】安倍氏銃撃事件 “要人警護”警察庁主導へ 検証作業で「問題点」 警備のあり方を抜本的に見直し | nippon.com

安倍晋三元首相(67)が奈良市での参院選の演説中に銃撃されて死亡した事件で、現場の警護警備に制服警察官が1人も投入されていなかったことが5日、分かった。現場には...安倍晋三元首相(67)が奈良市での参院選の演説中に銃撃されて死亡した事件で、現場の警護警備に制服警察官が1人も投入されていなかったことが5日、分かった。現場には...

安倍氏銃撃現場、制服警察官配置ゼロ 警察庁、警護計画の妥当性検証(産経新聞) - goo ニュース

 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過として、演説会場で元首相の周囲にいた警護担当者4人が1発目の銃声を発砲音と認識していなかったと明らかにした。「花火のような音だった」などと説明しているという。 警察庁は都道府県警に対し、要人警…  安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過として、演説会場で元首相の周囲にいた警護担当者4人が1発目の銃声を発砲音と認識していなかったと明らかにした。「花火のような音だった」などと説明しているという。 警察庁は都道府県警に対し、要人警…

元首相の警護担当、銃声認識せず | 福島民報

 安倍晋三元首相(67)が後方から銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、警備の検証作業の途中経過を公表した。警護計画について「過去の経験や知見を安易に踏襲して十分な検討がなされなかった」と指摘。後方からの襲撃や銃撃を想定した具体的な対策が取られていなかったとの認識を示した。また、後方警戒担当の警察 安倍晋三元首相(67)が後方から銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、警備の検証作業の途中経過を公表した。警護計画について「過去の経験や知見を安易に踏襲して十分な検討がなされなかった」と指摘。後方からの襲撃や銃撃を想定した具体的な対策が取られていなかったとの認識を示した。また、後方警戒担当の警察

安倍氏警護計画「安易に過去を踏襲」 警察庁が検証経過を公表 | 毎日新聞

 安倍晋三元首相(67)が街頭演説中に後方から銃撃されて死亡した事件で、当時の奈良県警の警備体制の詳細が捜査関係者への取材で判明した。主に3人の警察官が安倍氏の後方を警戒していたが、人数が急増した安倍氏の聴衆を注視するなどしたため山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=の動きに気づかなかったという。 安倍晋三元首相(67)が街頭演説中に後方から銃撃されて死亡した事件で、当時の奈良県警の警備体制の詳細が捜査関係者への取材で判明した。主に3人の警察官が安倍氏の後方を警戒していたが、人数が急増した安倍氏の聴衆を注視するなどしたため山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=の動きに気づかなかったという。

安倍元首相銃撃 3人が後方警戒していたが…奈良県警警備の詳細判明 | 毎日新聞

安倍元総理が銃撃され死亡した事件について、警察庁は直前に警備の配置が変わっていたことなど、これまでの検証状況を初めて明らかにしました。このあと銃撃の映像が一部流れます。先月8…|BIGLOBEニュース安倍元総理が銃撃され死亡した事件について、警察庁は直前に警備の配置が変わっていたことなど、これまでの検証状況を初めて明らかにしました。このあと銃撃の映像が一部流れます。先月8…|BIGLOBEニュース

安倍元総理銃撃事件 警察庁「直前に警備の配置変更」主な警戒「後ろから前に」変更が指揮官に報告されず(2022年8月5日)|BIGLOBEニュース

安倍氏演説中  安倍晋三元首相が奈良市で銃撃を受け殺害された事件で、安倍氏のそばに配置され、主に安倍氏の後方を警戒する役割だった警護員が事件直前に位置を変更し、後方を主に確認する態勢がとれなくなっていau Webポータル

安倍元首相の警護員、演説直前の位置変更で後方警戒ガラ空きに|au Webポータル国内ニュース

安倍晋三元首相が奈良県で銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、当時の警備体制について、「奈良県警が作成した警護計画は前例踏襲であり、立案過程で(危険を避けるための)十分な検討がなされていなかった」「銃撃されることの想定は非常に薄かった」との認識を示した。同庁の担当者が記者の質問に答えた。 また、・・・安倍晋三元首相が奈良県で銃撃されて死亡した事件で、警察庁は5日、当時の警備体制について、「奈良県警が作成した警護計画は前例踏襲であり、立案過程で(危険を避けるための)十分な検討がなされていなかった」「銃撃されることの想定は非常に薄かった」との認識を示した。同庁の担当者が記者の質問に答えた。 また、・・・

安倍元首相警備「銃撃想定、非常に薄かった」 警察庁担当者

 安倍晋三元首相(67)が街頭演説中に後方から銃撃されて死亡した事件で、当時の奈良県警の警備体制の詳細が捜査関係者への取材で判明した。主に3人の警察官が安倍氏の後方を警戒していたが、人数が急増した安倍氏の聴衆を注視するなどしたため山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=の動きに気づかなかったという。 安倍晋三元首相(67)が街頭演説中に後方から銃撃されて死亡した事件で、当時の奈良県警の警備体制の詳細が捜査関係者への取材で判明した。主に3人の警察官が安倍氏の後方を警戒していたが、人数が急増した安倍氏の聴衆を注視するなどしたため山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=の動きに気づかなかったという。

銃撃警察庁検証 3警官、安倍氏後方警戒 警護計画危機感薄く | 毎日新聞