1. NY債券、長期債反落 10年債利回りは2.83% 「逆イールド」が大きく拡大  日本経済新聞
  2. 債券上昇か、先物夜間取引堅調で買い先行-物価連動入札は無難との声  ブルームバーグ
  3. Google ニュースですべての記事を見る
【NQNニューヨーク=戸部実華】5日のニューヨーク債券市場で長期債相場は3日ぶりに反落した。長期金利の指標となる表面利率2.875%の10年物国債利回りは前日比0.14%高い(価格は安い)2.83%で取引を終えた。朝方発表の7月の米雇用統計は市場予想を上回り、労働市場の改善を示した。米景気の後退懸念がやや和らぎ、相対的に安全資産とされる米国債には幅広い年限で売りが優勢となった。景気動向を反映【NQNニューヨーク=戸部実華】5日のニューヨーク債券市場で長期債相場は3日ぶりに反落した。長期金利の指標となる表面利率2.875%の10年物国債利回りは前日比0.14%高い(価格は安い)2.83%で取引を終えた。朝方発表の7月の米雇用統計は市場予想を上回り、労働市場の改善を示した。米景気の後退懸念がやや和らぎ、相対的に安全資産とされる米国債には幅広い年限で売りが優勢となった。景気動向を反映

NY債券、長期債反落 10年債利回りは2.83% 「逆イールド」が大きく拡大: 日本経済新聞

5日の米国長期債相場は下落。この日発表された7月米雇用統計は予想以上に強い内容だったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制に向け積極的な利上げを継続するとの見方が広がった。9月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)でも0.75ポイントの利上...5日の米国長期債相場は下落。この日発表された7月米雇用統計は予想以上に強い内容だったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制に向け積極的な利上げを継続するとの見方が広がった。9月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)でも0.75ポイントの利上...

NY債券:米長期債相場は下落、米雇用統計改善で9月も0.75ポイント利上げの可能性高まる - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス

債券相場は上昇。前日までの軟調推移で割安感の出ている超長期債を中心に買いが優勢だった。日本銀行が先物決済に使われるチーペスト(受け渡し適格最割安)銘柄を含む指し値オペを継続していることも相場を支えた。きょうの10年物価連動国債入札は波乱なく通過した。債券相場は上昇。前日までの軟調推移で割安感の出ている超長期債を中心に買いが優勢だった。日本銀行が先物決済に使われるチーペスト(受け渡し適格最割安)銘柄を含む指し値オペを継続していることも相場を支えた。きょうの10年物価連動国債入札は波乱なく通過した。

債券は上昇、超長期債中心に買い-物価連動債入札は無難に通過 - Bloomberg

予想レンジ:米長期債利回り 2.55%-2.85% 現地3日発表のISM(米サプライマネジメント協会)非製造業景況感指数は56.7と4か月ぶりに上昇し、市場予想も上回った。これを受けて、米債は売りが先・・・予想レンジ:米長期債利回り 2.55%-2.85% 現地3日発表のISM(米サプライマネジメント協会)非製造業景況感指数は56.7と4か月ぶりに上昇し、市場予想も上回った。これを受けて、米債は売りが先・・・

4日の米国債券市場見通し=イングランド銀行のMPCも注意したい 速報 | 株式新聞Web

5日の米国長期債相場は下落。この日発表された7月米雇用統計は予想以上に強い内容だったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制に向け積極的な利上げを継続するとの見方が広がった。9月開催の連...5日の米国長期債相場は下落。この日発表された7月米雇用統計は予想以上に強い内容だったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制に向け積極的な利上げを継続するとの見方が広がった。9月開催の連...

NY債券:米長期債相場は下落、米雇用統計改善で9月も0.75ポイント利上げの可能性高まる (2022年8月6日) - エキサイトニュース

予想レンジ:債券先物中心限月(2022年9月限)150円30銭-150円80銭、10年国債利回り0.175%-0.195% FRB(米連邦準備制度理事会)高官の発言を受けて現地2日の米債券は売られ、3・・・予想レンジ:債券先物中心限月(2022年9月限)150円30銭-150円80銭、10年国債利回り0.175%-0.195% FRB(米連邦準備制度理事会)高官の発言を受けて現地2日の米債券は売られ、3・・・

4日の債券市場見通し=米債券は買われ、債券先物も買い戻しが先行か 速報 | 株式新聞Web