1. 米就業者52.8万人増 7月雇用統計、失業率3.5%に低下  日本経済新聞
  2. 7月米雇用者数、予想大幅に上回る伸び-リセッション懸念和らぐ  ブルームバーグ
  3. 7月の米雇用統計 農業以外で52万人余増加 好調な雇用環境続く  nhk.or.jp
  4. 【市場反応】米7月雇用統計:パンデミック前の水準回復、大幅利上げ観測強まる、ドル急伸  Yahoo!ファイナンス
  5. Google ニュースですべての記事を見る
【ワシントン=高見浩輔】米労働省が5日発表した7月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数は前月から52万8000人増えた。伸びは前月の39万8000人から拡大し、過熱状態が続いている。失業率も3.5%と下げた。米連邦準備理事会(FRB)は失業率がすぐに上昇しないとみて大幅な利上げを継続する考えだ。市場関係者の事前予想は前月比25万人程度だった。前月の伸びは2万人強上方修正された。2015~1【ワシントン=高見浩輔】米労働省が5日発表した7月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数は前月から52万8000人増えた。伸びは前月の39万8000人から拡大し、過熱状態が続いている。失業率も3.5%と下げた。米連邦準備理事会(FRB)は失業率がすぐに上昇しないとみて大幅な利上げを継続する考えだ。市場関係者の事前予想は前月比25万人程度だった。前月の伸びは2万人強上方修正された。2015~1

米就業者52.8万人増 7月雇用統計、失業率3.5%に低下: 日本経済新聞

米国では7月に雇用者数が市場予想の2倍を超える増加となり、堅調な労働需要が示された。これによりリセッション(景気後退)懸念が和らぎ、米金融当局はインフレ抑制に向け積極的な利上げを続けるとみられる。米国では7月に雇用者数が市場予想の2倍を超える増加となり、堅調な労働需要が示された。これによりリセッション(景気後退)懸念が和らぎ、米金融当局はインフレ抑制に向け積極的な利上げを続けるとみられる。

7月米雇用者数、予想大幅に上回る伸び-リセッション懸念和らぐ - Bloomberg

 米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8000人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予想(約25万人)の2倍以上の規模となった。失業率は0・1ポイント改善の3・5%。就業者数と失業率はいずれも新型コロ 米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8000人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予想(約25万人)の2倍以上の規模となった。失業率は0・1ポイント改善の3・5%。就業者数と失業率はいずれも新型コロ

米就業者52万人増に拡大 7月統計、失業率ともコロナ前水準に回復 | 毎日新聞

 BLS(米労働省労働統計局)が8月5日に発表する7月の雇用統計は、市場予想によると、NFP(非農業部門雇用者数)は25.0万人の増加。雇用者増加数が30万人を下回るならば、昨年11月以来となります。 失業率は、前月比横ばいで3.6%の予… BLS(米労働省労働統計局)が8月5日に発表する7月の雇用統計は、市場予想によると、NFP(非農業部門雇用者数)は25.0万人の増加。雇用者増加数が30万人を下回るならば、昨年11月以来となります。 失業率は、前月比横ばいで3.6%の予…

初任給1,500万円が当たり前? 米雇用市場のバブル崩壊は時間の問題か? 7月米雇用統計 詳細レポート | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

FXの総合情報サイト「ザイFX!」がお届けするFXニュース。FXを動かす世界のニュースを24時間、配信し続けます!FXの総合情報サイト「ザイFX!」がお届けするFXニュース。FXを動かす世界のニュースを24時間、配信し続けます!

2022年08月06日(土)|FXニュース - ザイFX!

【直前まとめ】非農業部門雇用者数の伸びは前回から鈍化見込みも、堅調な水準か<米雇用統計>  このところ派手な動きを見せるドル円。2日には一時130円台前半までドル安が進む場面が見せた後、134円台半...【直前まとめ】非農業部門雇用者数の伸びは前回から鈍化見込みも、堅調な水準か<米雇用統計>  このところ派手な動きを見せるドル円。2日には一時130円台前半までドル安が進む場面が見せた後、134円台半...

【直前まとめ】非農業部門雇用者数の伸びは前回から鈍化見込みも、堅調な水準か<米雇用統計> -

【NHK】アメリカの先月の雇用統計が発表され、農業分野以外の就業者は前の月と比べて52万8000人増加し、市場予想を大きく上回りま…【NHK】アメリカの先月の雇用統計が発表され、農業分野以外の就業者は前の月と比べて52万8000人増加し、市場予想を大きく上回りま…

7月の米雇用統計 農業以外で52万人余増加 好調な雇用環境続く | NHK

【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部...|西日本新聞meは、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュースを提供します。【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月か...

米就業者52万人増に拡大|【西日本新聞me】

昨日のMPCで、BOEは市場予想通り0.50%の利上げを実施。市場の予想通りだったことによる材料出尽くし、金利発表後の声明でインフレ率が2022年第4四半期には13%まで上昇すると予想したほか、同時期に英経済はリセッション入りするとの予想を示したことでポンドは全面安となった。 本日は英国に経済指標の予定はなく、市場の注目は米7月雇用統計に集まっている。予想を上回る結果となれば、米経済がリセッションに陥らずに米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅利上げに耐えることが出来るとの思惑が強まり、米ドル/円は上昇。ポンド/円もそれにつれる形で上昇しそうだ。一方で、予想を大きく下回ると、米経済のリセッション懸念が強まり、リスクオフの円買い、ポンド/円も下落することとなりそうだ。昨日のMPCで、BOEは市場予想通り0.50%の利上げを実施。市場の予想通りだったことによる材料出尽くし、金利発表後の声明でインフレ率が2022年第4四半期には13%まで上昇すると予想したほか、同時期に英経済はリセッション入りするとの予想を示したことでポンドは全面安となった。 本日は英国に経済指標の予定はなく、市場の注…

FX/為替予想「ポンド/円は米ドル/円につれる?米雇用統計の結果次第で方向感が変わる」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2022/8/5 - 外為どっとコム マネ育チャンネル

米就業者数、7月は52.8万人増 予想の2倍超=雇用統計 | The Wall Street Journal発 | ダイヤモンド・オンライン

国内外の株式市況、話題・注目銘柄の関連・材料ニュースを配信。決算ニュースは発表と同時に「リアルタイム」で分析記事を提供。【話題株先読み】などスピード感のあるニュースを《特報》、株価にインパクトがある「適時開示」などは《速報》として配信しています。

株探 | 市場ニュース - 株式市況、話題株・注目株ニュース、決算速報

【ワシントン=山内竜介】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(季節調整済み)で、景気動向を反映する非農業部門の就業者数は前月比52・8万人増だった。6月(約40万人増、改定後)から伸びが拡大した。市場予想は25万人程度【ワシントン=山内竜介】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(季節調整済み)で、景気動向を反映する非農業部門の就業者数は前月比52・8万人増だった。6月(約40万人増、改定後)から伸びが拡大した。市場予想は25万人程度

7月の米雇用統計、就業者52・8万人増…市場予想を大幅に上回る : 読売新聞オンライン

 [ワシントン 5日 ロイター] - 米労働省が5日発表した7月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比52万8000人増と予想を大きく上回り、失業率は3.5%に低下、国内経済が景気後退(リセッショ [ワシントン 5日 ロイター] - 米労働省が5日発表した7月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比52万8000人増と予想を大きく上回り、失業率は3.5%に低下、国内経済が景気後退(リセッショ

米雇用者、7月+52.8万人で予想大きく上回る 失業率3.5%に低下 - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル

時事ドットコム

 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予... 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予...

米就業者52万人増に拡大 7月、失業率3・5%:北海道新聞 どうしん電子版

[オタワ 5日 ロイター] - カナダ統計局が5日発表した7月の就業者数は前月より3万600人減と、2万人増を見込んでいた市場予想に反して減った。減少は2カ月連続。ただ、アナリストらはカナダ銀行(中央銀行)がインフレ抑制のための利上げを踏みとどまることはないと予測している。失業率は4.9%で過去最低だった前月から横ばいだった。市場予想は5.0%だった。就業者数は2021年5月から22年5月までの1年間で106万人増と、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による打撃からの回復が進んだ。正規雇用者の時間当たり平均賃金は前年同月比5.4%上昇。上昇率は6月の5.6%増から縮小したが、今年序盤の2.4%を大幅に上回った。カナダ統計局は、労働市場の逼迫(ひっぱく)にもかかわらず、転職が増加している兆候は見られないと指摘した。BMOキャピタル・マーケッツのチーフ・エコノミスト、ダグ・ポーター氏は「少なくとも50年ぶりの低い失業率と、好調な賃金上昇が続いている」とし、「(経済は)利上げを中止しなければならないほど弱くなっているとは思えない。われわれは9月に50ベーシスポイント(bp)の利上げを見込んでおり、その判断は妥当だと思う」と語った。...[オタワ 5日 ロイター] - カナダ統計局が5日発表した7月の就業者数は前月より3万600人減と、2万人増を見込んでいた市場予想に反して減った。減少は2カ月連続。ただ、アナリストらはカナダ銀行(中央銀行)がインフレ抑制のための利上げを踏みとどまることはないと予測している。失業率は4.9%で過去最低だった前月から横ばいだった。市場予想は5.0%だった。就業者数は2021年5月から22年5月までの1年間で106万人増と、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による打撃からの回復が進んだ。正規雇用者の時間当たり平均賃金は前年同月比5.4%上昇。上昇率は6月の5.6%増から縮小したが、今年序盤の2.4%を大幅に上回った。カナダ統計局は、労働市場の逼迫(ひっぱく)にもかかわらず、転職が増加している兆候は見られないと指摘した。BMOキャピタル・マーケッツのチーフ・エコノミスト、ダグ・ポーター氏は「少なくとも50年ぶりの低い失業率と、好調な賃金上昇が続いている」とし、「(経済は)利上げを中止しなければならないほど弱くなっているとは思えない。われわれは9月に50ベーシスポイント(bp)の利上げを見込んでおり、その判断は妥当だと思う」と語った。...

カナダ7月雇用者数、2カ月連続減少 予想に反し|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏… 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏…

米就業者52万人増に拡大 7月、失業率3・5%|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト

 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予…… 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予……

米就業者52万人増に拡大|愛媛新聞ONLINE

 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。

米7月就業者数、52万8千人増 | 福島民報

【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月か...【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月か...

米就業者52万人増に拡大 7月、失業率3・5%:東京新聞 TOKYO Web

【ワシントン=坂本一之】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が前月から52万8千人増えた。増加幅は前月から拡大し、金融市場の事前予想(約25万人)の2倍以上の規模となっ…【ワシントン=坂本一之】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が前月から52万8千人増えた…

米、7月就業者52万人増に拡大 失業率改善し3・5% - 産経ニュース

米労働省が5日発表した7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比52万8000人増と予想を大きく上回り、就業者数は新型コロナ禍前の水準に回復した。失業率も3.5%に低下し、国内経済が景気後退(リセッション)には陥っていない状況を示した。米労働省が5日発表した7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比52万8000人増と予想を大きく上回り、就業者数は新型コロナ禍前の水準に回復した。失業率も3.5%に低下し、国内経済が景気後退(リセッション)には陥っていない状況を示した。

米7月雇用、予想上回る52.8万人増 失業率3.5% 利上げ継続へ | ロイター

米労働省が発表する最新7月雇用統計で失業率は50年ぶりの低水準付近で推移、非農業部門雇用者数も前月比+25万人と、堅調な水準が予想されており、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ継続計画を正当化する...米労働省が発表する最新7月雇用統計で失業率は50年ぶりの低水準付近で推移、非農業部門雇用者数も前月比+25万人と、堅調な水準が予想されており、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ継続計画を正当化する...

NYの視点:米7月雇用統計、健全な労働市場示唆か、FRBの利上げ計画正当化へ (2022年8月5日) - エキサイトニュース

【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感...【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感...

米就業者52万人増に拡大 - モデルプレス

【ワシントン時事】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(季節調整済み)によると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は前月比52万8000人増と、市場予想(25万人増)を大きく上回った。伸びはau Webポータル

米7月就業者数 52万8千人増|au Webポータル国際ニュース

 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予想(約25万人)の2倍以上の規模となった。失業率は0・1ポイント改善の3・5%。就業者数と失業率はいずれも新型コロナウイルス感染拡大が本格化する前の2020年2月の水準に回復した。 労働市場の逼迫が続いていることが裏付けられた。 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から52万8千人増加した。増加幅は前月より拡大し、金融市場の事前予想(約25万人)の2倍以上の規模となった。失業率は0・1ポイント改善の3・5%。就業者数と失業率はいずれも新型コロナウイルス感染拡大が本格化する前の2020年2月の水準に回復した。 労働市場の逼迫が続いていることが裏付けられた。

米就業者52万人増に拡大/経済/社会総合/デイリースポーツ online

【ワシントン=坂本一之】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が前月から52万8千人増えた。増加幅は前月から拡大し、金融市場の事前予想(約25万人)の2倍以上の規模となっ…【ワシントン=坂本一之】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が前月から52万8千人増えた…

米、7月就業者52万人増に拡大 失業率改善し3・5% - イザ!

403 Forbidden

【ワシントン=山内竜介】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(季節調整済み)で、景気動向を反映する非農業部門の就業者数は前月比52・8万人増だった。6月(約40万人増、改定後)から伸びが拡大した。市場予想は25万人程度増で大幅に上回った。 失業率は3・5%で前月から0・1ポイント改善した。コロナ禍前の2…【ワシントン=山内竜介】米労働省が5日発表した7月の雇用統計(季節調整済み)で、景気動向を反映する非農業部門の就業者数は前月比52・8万人増だった。6月(約40万人増、改定後)から伸びが拡大した。市場予想は25万人程度増で大幅に上回った。 失業率は3・5%で前月から0・1ポイント改善した。コロナ禍前の2…

7月の米雇用統計、就業者52・8万人増…市場予想を大幅に上回る