1. 統計不正、過大計上は最大5.2兆円 国交省が訂正  日本経済新聞
  2. 国交省 不適切な統計処理 推計で8年間に34兆円余 過大に計上  nhk.or.jp
  3. 国会散会直後に公表、小さく見せる算出方法 二重計上分は明かされず [国交省の統計書き換え問題]  朝日新聞デジタル
  4. Google ニュースですべての記事を見る
 基幹統計が8年間で計34兆円も過大になっていたことが、国土交通省の調査で明らかになった。国内総生産(GDP)が下方修正される恐れも出てきている。ただ、焦点だった「二重計上」の全容はなお見えず、識者は… 基幹統計が8年間で計34兆円も過大になっていたことが、国土交通省の調査で明らかになった。国内総生産(GDP)が下方修正される恐れも出てきている。ただ、焦点だった「二重計上」の全容はなお見えず、識者は…

国会散会直後に公表、小さく見せる算出方法 二重計上分は明かされず [国交省の統計書き換え問題]:朝日新聞デジタル

【NHK】国土交通省が、国の統計の中でも特に重要な「基幹統計」をめぐってデータを書き換えるなど不適切な処理をしていた問題で、過去に…【NHK】国土交通省が、国の統計の中でも特に重要な「基幹統計」をめぐってデータを書き換えるなど不適切な処理をしていた問題で、過去に…

国交省 不適切な統計処理 推計で8年間に34兆円余 過大に計上 | NHK

 国土交通省は5日、調査票を書き換えていた「建設工事受注動態統計調査」について、2013年度から9年分の結果を訂正した。二重計上などの影響により、過去に公表した数値は最大で年間5兆2000億円(全体の6・5%)過大になっていた。この統計は国内総生産(GDP)算出に使われているが、直接取り込んでおらず 国土交通省は5日、調査票を書き換えていた「建設工事受注動態統計調査」について、2013年度から9年分の結果を訂正した。二重計上などの影響により、過去に公表した数値は最大で年間5兆2000億円(全体の6・5%)過大になっていた。この統計は国内総生産(GDP)算出に使われているが、直接取り込んでおらず

不正の建設統計、年5兆円過大 国交省が9年分訂正「影響軽微」 | 毎日新聞

国土交通省は5日、不正処理のあった「建設工事受注動態統計」について、二重計上があった2013年度以降の公表値を訂正した。過大計上額は15年度と16年度の5.2兆円が最大だった。5月に有識者らの検討会議で決定した推計手法を採用して算出した。検討会議の座長を務めた青山学院大学の美添泰人名誉教授は、5日の説明会で国内総生産(GDP)への影響について「(過大計上は)想定していた範囲内であり軽微と考えて国土交通省は5日、不正処理のあった「建設工事受注動態統計」について、二重計上があった2013年度以降の公表値を訂正した。過大計上額は15年度と16年度の5.2兆円が最大だった。5月に有識者らの検討会議で決定した推計手法を採用して算出した。検討会議の座長を務めた青山学院大学の美添泰人名誉教授は、5日の説明会で国内総生産(GDP)への影響について「(過大計上は)想定していた範囲内であり軽微と考えて

統計不正、過大計上は最大5.2兆円 国交省が訂正: 日本経済新聞

国土交通省による建設受注統計の二重計上などがあった問題で、同省は5日、二重計上が生じた平成25年度以降の9年間分について復元データを公表し、訂正した。年間受注額の過大計上は最大で5兆2千億円(全体の6・5%)、国内総生産(GDP)で使うデ…国土交通省による建設受注統計の二重計上などがあった問題で、同省は5日、二重計上が生じた平成25年度以降の9年間分について復元データを公表し、訂正した。年間受注…

建設統計過大計上、最大5・2兆円 国交省が復元データに訂正 - イザ!

国土交通省の「建設工事受注動態統計」書き換え問題で、同省は5日、二重計上に伴う水増し額を再推計して結果を公表した。同省の有識者会議が提案した方法に従って二重計上が始まった2013年度以降の数値を推計しau Webポータル

建設統計水増し、最大で年5.2兆円=書き換え問題で再推計―国交省|au Webポータル経済・ITニュース

 国土交通省の「建設工事受注動態統計」書き換え問題で、同省は5日、二重計上に伴う水増し額を再推計して結果を公表した。... 国土交通省の「建設工事受注動態統計」書き換え問題で、同省は5日、二重計上に伴う水増し額を再推計して結果を公表した。...

建設統計水増し、最大で年5.2兆円=書き換え問題で再推計―国交省 - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス