1. レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン、最後尾から8位獲得「ペースは上位勢と同レベル。接触がなければ彼らと戦えた」(AUTOSPORT web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】  carview!
  2. リカルド、2019年シーズンの自己最高位に「この結果はパワーユニットのおかげ」とルノーF1の進歩を称賛  オートスポーツweb
  3. マックス・フェルスタッペン、F1イタリアGPで最高速度を妨げるトラブル  F1-Gate.com
  4. ダニール・クビアト「レッドブルと互角に競えていた」F1イタリアGP《決勝》2019  Formula1-Data
  5. レッドブル・ホンダ | F1イタリアGP 決勝レポート  F1-Gate.com
  6. Google ニュースですべての記事を表示
 ルノーのダニエル・リカルドはF1第14戦イタリアGPで4位に入賞し、2019年シーズンのベストリザルトを獲得した。この結果は、トップ3チーム以外における最上位であり、リカルドとチームがシーズン全体を通して目指してきたものだ。 またチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグが5位に入賞し、ルノーにとって完璧な1日の締 ルノーのダニエル・リカルドはF1第14戦イタリアGPで4位に入賞し、2019年シーズンのベストリザルトを獲得した。この結果は、トップ3チーム以外における最上位であり、リカルドとチームがシーズン全体を通して目指してきたものだ。 またチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグが5位に入賞し、ルノーにとって完璧な1日の締めくくりとなった。 リカルドは予選で4番手につけたが、これは第7戦カナダGPでの予選順位と同じだ。リカルドはカナダGPでは6位だったが、その結果はイタリアGP前までの彼のベストリザルトだった。 「この週末にはとても満足しているよ」とリカルドは語った。 「少しカナダGPと似ている。予選の結果を、レースでの力強い結果に繋げたんだ。でもこの結果はもう昔のことのように感じている。僕の言う意味が分かるといいけど、僕たちはとうとう最大限のポイントを獲得したんだ。本当にうれしいことだよ」 リカルドはその後、テレビ画面を一瞥した。テレビにはレース後に表彰台を祝う様子が映っていて、メインストレートに溢れ出た数千人のファンが、優勝したフェラーリのシャルル・ルクレールに声援を送っていた。 「とてもクールだね。みんな忠実なファンたちだ」 「僕はあれを経験するのにあとひとつ順位が足りなかった。ヴィリー=シャティヨンにいるエンジン担当のスタッフたちに特別にエールを送りたいよ。なぜならここでルノーチームとしてこのような結果が出せたことは、パワーユニットのおかげであることを表しているからね」 「毎年僕たちはここに来るけれど、楽観性に欠けていた。少なくともこの数年は(レッドブル時代にルノー製パワーユニットを使用していた時のエンジン馬力では)ここでは強さを発揮できなかった」 「彼らが今年状況を好転させて改善を実現し、ここでこの結果を出したということは、特別なことだよ。だからこの順位は彼らのものだ。彼らは今晩、グラス一杯のシャンパンを飲むに値するよ」 ■ルノーF1、今後の課題は高ダウンフォースのコース攻略 またリカルドはルノーのパワーユニットだけでなく、シャシー面についても称賛した。しかしそれでもルノーの弱点は、高いダウンフォースが必要なコースだという。

リカルド、2019年シーズンの自己最高位に「この結果はパワーユニットのおかげ」とルノーF1の進歩を称賛

マックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPでホンダの“スペック4”エンジンにトップスピードの妨げとなるトラブルを抱えていたことを父親であるヨス・フェルスタッペンが明かした。スペック4へ交換したことによるペナルティで最後尾グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、1周目の1コーナーで接触するトラブルもあり、8位でレースを終えている。マックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPでホンダの“スペック4”エンジンにトップスピードの妨げとなるトラブルを抱えていたことを父親であ...

マックス・フェルスタッペン、F1イタリアGPで最高速度を妨げるトラブル 【 F1-Gate.com 】

 F1第14戦イタリアGP決勝レースのレッドブル・ホンダは、スタートから荒れた。スペック4を投入し、今シーズン4基目のパワーユニット(PU/エンジン)を使用したマックス・フェルスタッペンは、19番手からスタート。ところが、スタート直後の1コ... F1第14戦イタリアGP決勝レースのレッドブル・ホンダは、スタートから荒れた。スペック4を投入し、今シーズン4基目のパワーユニット(PU/エンジン)を使用したマックス・フェルスタッペンは、19番手からスタート。ところが、スタート直後の1コ...

レッドブル・ホンダ密着:接触、ペナルティと荒れた展開ながら粘り強い走りで追い上げダブル入賞/F1イタリアGP日曜(AUTOSPORT web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、モンツァ・サーキットで行われたF1第14戦イタリアGP決勝を11位でフィニッシュ。53周に及んだ長き戦いを振り返った。 本来なら入賞できていたレース ピエール・ガスリー決勝: 11位トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、モンツァ・サーキットで行われたF1第14戦イタリアGP決勝を11位でフィニッシュ。53周に及んだ長き戦いを振り返った。 本来なら入賞できていたレース ピエール・ガスリー決勝: 11位

ピエール・ガスリー「本来なら入賞できていたレース」F1イタリアGP《決勝》2019 | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

ピエール・ガスリー「本来なら入賞できていたレース」F1イタリアGP《決勝》2019

“Charles Leclerc wins the Italian Grand Prix to the delight of the Tifosi #F1 #ItalianGP @ScuderiaFerrari”

Bec Clancy on Twitter: "Charles Leclerc wins the Italian Grand Prix to the delight of the Tifosi #F1 #ItalianGP @ScuderiaFerrari"

“Would you let me drive you on a HOT Lap?! @pirellisport @F1 #MONZA ❤️🇮🇹❤️ 170MPH down the home straight. #F1PirelliHotLaps https://t.co/ijvXEYKJKK”

Aimee Fuller on Twitter: "Would you let me drive you on a HOT Lap?! @pirellisport @F1 #MONZA ❤️🇮🇹❤️ 170MPH down the home straight. #F1PirelliHotLaps… https://t.co/U7EoU3ni4L"

“LEC taking so much pressure from HAM. And soon to lap VET. Who would have thought this is where we’d be come Monza? #F1 🇮🇹”

Mark Gallagher on Twitter: "LEC taking so much pressure from HAM. And soon to lap VET. Who would have thought this is where we’d be come Monza? #F1 🇮🇹"

“The Italian Grand Prix at Monza is always an emotional day for me. My 3rd place finish there was probably the highlight of my short lived F1 career. Don’t think I can ever forgive and forget Ferrari.....”

Andrew Wilson on Twitter: "The Italian Grand Prix at Monza is always an emotional day for me. My 3rd place finish there was probably the highlight of my short lived F1 career. Don’t think I can ever forgive and forget Ferrari....."

マックス・フェルスタッペンは、ホンダF1の『スペック4』エンジンは約束していたパワーを発揮していたとし、F1イタリアGPでのレッドブル・ホンダにはフェラーリとメルセデスと戦えるペースがあったと考えている。19番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは8位まで挽回してフィニッシュしたが、オープニングラップでフロントウイングの交換を余儀なくされた接触がなければ、さらに良い結果を残せていた可能性がある。マックス・フェルスタッペンは、ホンダF1の『スペック4』エンジンは約束していたパワーを発揮していたとし、F1イタリアGPでのレッドブル・ホン...

マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1のスペック4は2強と戦える」 【 F1-Gate.com 】

ルノーのダニエル・リカルドはF1第14戦イタリアGPで4位に入賞し、2019年シーズンのベストリザルトを獲得した。この結果は、トップ3チーム以外における最上位で…(2019年9月11日 8時30分29秒)ルノーのダニエル・リカルドはF1第14戦イタリアGPで4位に入賞し、2019年シーズンのベストリザルトを獲得した。この結果は、トップ3チーム以外における最上位で…(2019年9月11日 8時30分29秒)

リカルド、2019年シーズンの自己最高位に「この結果はパワーユニットのおかげ」とルノーF1の進歩を称賛(2019年9月11日)|BIGLOBEニュース

8日(日)、シーズン第14戦イタリアGP決勝レースで後方スタートだったレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが7位入賞を果たした一方、ランス・ストロールは12位完走にとどまった。 - news from Force India F1

18番グリッドから7位入賞を果たしたペレス | Force India | F1ニュース | ESPN F1

ルノーF1チームは、F1イタリアGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが4位、ニコ・ヒュルケンベルグが5位でレースを終えた。シリル・アビテブール (チーム代表)「今日の結果は、チームにとってF1に再エントリーして以来の最高の総合成績であるだけでなく、モントリオールとスパの後のチーム、特にこれまで公然と批判されてきたパワーユニット面の明確な進化を示している」ルノーF1チームは、F1イタリアGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが4位、ニコ・ヒュルケンベルグが5位でレースを終えた。シリル・アビテブ...

ルノーF1チーム | F1イタリアGP 決勝レポート 【 F1-Gate.com 】

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPの決勝レースで8位入賞。“PUのペース面でまだ改善できることがある”と語った。スペック4のPUへの交換により、グリッド降格ペナルティーを受けて19番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、オープニングラップの1コーナーでフロントウイングにダメージを負い、パーツ交換のために緊急ピットインを余儀なくされる。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPの決勝レースで8位入賞。“PUのペース面でまだ改善できることがある”と語った...

マックス・フェルスタッペン「PUのペース面でまだ改善できることがある」 【 F1-Gate.com 】

ルノーF1チームは9月7日のF1イタリアGP公式予選で2台がQ3へと進出。ダニエル・リカルドが5番手、ニコ・ヒュルケンベルグが6番手を獲得し、フェラーリとメルセデスに続く3列目を独占した。ルノーF1チームは9月7日のF1イタリアGP公式予選で2台がQ3へと進出。ダニエル・リカルドが5番手、ニコ・ヒュルケンベルグが6番手を獲得し、フェラーリとメルセデスに続く3列目を独占した。

ルノー、2007年以来のWトップ6「夏休み明けの俺たちは強い」F1イタリアGP《予選》2019 | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

ルノー、2007年以来のWトップ6「夏休み明けの俺たちは強い」F1イタリアGP《予選》2019

ダニエル・リカルドは、F1イタリアGPで4位というルノーがワークス復帰して以降でのベストリザルトを獲得できたのは、今年序盤からルノーのF1エンジンがいかに改善を果たしたかの表れだと語る。過去数年間、ルノーのF1エンジンはモンツァのようなパワーサーキットで苦戦を強いられてきた。そのため、ルノーにとってF1イタリアGPでの結果は重要なものとなった。ダニエル・リカルドは、F1イタリアGPで4位というルノーがワークス復帰して以降でのベストリザルトを獲得できたのは、今年序盤からルノーのF1エ...

ダニエル・リカルド、モンツァでの好成績は「ルノーのPUの進化の表れ」 【 F1-Gate.com 】

レッドブル・ホンダのアレックス・アルボンは「また一つ成長できたと思う」と述べ、6位入賞で終えたF1イタリアGPの決勝レースを振り返った。レッドブル・ホンダのアレックス・アルボンは「また一つ成長できたと思う」と述べ、6位入賞で終えたF1イタリアGPの決勝レースを振り返った。

アルボン、5秒ペナ受けるも6位入賞「また一つ成長できたと思う」F1イタリアGP《決勝》2019 | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

アルボン、5秒ペナ受けるも6位入賞「また一つ成長できたと思う」F1イタリアGP《決勝》2019

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ディフェンディングチャンピオンのメルセデスに追いつくのは難しいかもないが、2位にいるフェラーリは現実的な目標になると睨んでいる。フェラーリがベルギーとドイツで2連勝したことで、夏休み前には44ポイントだった3位のレッドブル・ホンダとの差は85ポイントまで拡大してしまった。だが、クリスチャン・ホーナーは、打倒フェラーリは実現不可能な目標ではないと考えている。レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ディフェンディングチャンピオンのメルセデスに追いつくのは難しいかもないが、2...

レッドブル・ホンダ 「打倒フェラーリは実現不可能な目標ではない」 【 F1-Gate.com 】

マックス・フェルスタッペンはイタリアGPのスタート時、ライバルたちが“ほとんど止まっている”ように見えたという。マックス・フェルスタッペンはイタリアGPのスタート時、ライバルたちが“ほとんど止まっている”ように見えたという。

何も僕たちに味方してくれなかった……レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、流れ掴めず8位