1. 火星探査車キュリオシティは、かつてオアシスのように水をたたえていた場所にいた  sorae
  2. 火星にかつて「塩を含んだ水」が存在していた証拠が発見される  GIGAZINE
  3. 探査車キュリオシティが火星にオアシスがあった証拠を発見  TechCrunch Japan
  4. Google ニュースですべての記事を表示
NASAの火星探査車「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(MSL)」、通称「キュリオシティ」から届いた岩の写真。無数のひびわれに覆われたこの岩は、キュリオシティが探査活動を行ったその場所に、かつて水がたたえられていたことを示しています。NASAの火星探査車「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(MSL)」、通称「キュリオシティ」から届いた岩の写真。無数のひびわれに覆われたこの岩は、キュリオシティが探査活動を行ったその場所に、かつて水がたたえられていたことを […]

火星探査車キュリオシティは、かつてオアシスのように水をたたえていた場所にいた - sorae 宇宙へのポータルサイト

火星にはかつて生物が存在していたのではないかと考えられており、探査機が採取した土壌から有機物が発見されるなど、研究者らの期待が高まっています。そんな中、火星のクレーターから採取された土壌を調査したところ、「クレーターの中にはかつて塩水が存在していた」証拠が発見されたと、カリフォルニア工科大学の研究チームが発表しました。火星にはかつて生物が存在していたのではないかと考えられており、探査機が採取した土壌から有機物が発見されるなど、研究者らの期待が高まっています。そんな中、火星のクレーターから採取された土壌を調査したところ、「クレーターの中にはかつて塩水が存在していた」証拠が発見されたと、カリフォルニア工科大学の研究チームが発表しました。

火星にかつて「塩を含んだ水」が存在していた証拠が発見される - GIGAZINE

科学者たちによると、火星のGale Crater(ゲイルクレーター)への旅で探査車キュリオシティが見つけたものは、その直径150kmのクレーターの底にオアシスがあった証拠だという。科学者たちによると、火星のGale Crater(ゲイルクレーター)への旅で探査車キュリオシティが見つけたものは、その直径150kmのクレーターの底にオアシスがあった証拠だという。

探査車キュリオシティが火星にオアシスがあった証拠を発見 | TechCrunch Japan