1. メルセデスF1 「マクラーレンとのパートナーシップ復活はリスクでもある」  F1-Gate.com
  2. メルセデス、鈴鹿に小規模アップデート投入。でもフェラーリとの差は埋まらず?  Motorsport.com 日本版
  3. メルセデスF1 「日本GPでのアップグレードは“小さな探索”にすぎない」  F1-Gate.com
  4. Google ニュースですべての記事を表示
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年にマクラーレンとのパートナーシップを復活させることをリスクでもあると語る。先週、マクラーレンは2021年からメルセデスのF1エンジンを搭載することを発表。2014年に終了していたマクラーレン・メルセデスが復活することとなった。メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年にマクラーレンとのパートナーシップを復活させることをリスクでもあると語る。先...

メルセデスF1 「マクラーレンとのパートナーシップ復活はリスクでもある」 【 F1-Gate.com 】

メルセデスは、フェラーリとの差を埋めるべく、鈴鹿サーキットで行われる日本GPにおいて細かいアップデートを行うようだ。メルセデスは、フェラーリとの差を埋めるべく、鈴鹿サーキットで行われる日本GPにおいて細かいアップデートを行うようだ。

メルセデスF1、日本GPに小規模アップデートを投入。でもフェラーリとの”大きな差”は埋まらない?

メルセデスF1チームは、今週末のF1日本GPで“小さなことを探索”するが、今シーズンは2019年マシンにさらなる大幅アップグレードは計画していないと語る。メルセデスは8月のF1ベルギーGPで最新スペックのエンジンを投入したが、W10に大幅なアップグレードを投入していない。メインのライバルであるフェラーリは、シンガポールGPで投入した空力アップグレードによってパフォーマンスを向上させ、4戦で3勝を達成している。メルセデスF1チームは、今週末のF1日本GPで“小さなことを探索”するが、今シーズンは2019年マシンにさらなる大幅アップグレードは計画していな...

メルセデスF1 「日本GPでのアップグレードは“小さな探索”にすぎない」 【 F1-Gate.com 】